千葉県千葉市の金子茂男税理士事務所です。「社長の身近な相談相手」として、経営や税務相談だけでなく様々なお悩みにお付き合い致します。

経営コンサルティング

月次経営分析と訪問によるアドバイス 〜月次経営分析

毎月の「もうけ」とお金の動きは見えていますか?

会計計算での利益(儲け)とお金の動きは決して一致していません。
但し、税金を計算する上での利益(所得)は会計計算と近い状態になります。
計算上の利益は出ているのに、そして税金も算出されるのにお金は無い。
そんな状況の会社をいくつも見てきました。

なぜそんな状態になるのか、そしてそうならない為にはどうすべきなのか、そんなアドバイスを早い段階で経営者にお伝えするので、当事務所の役割だと考えております。
そしてそれを経営者が理解できるよう分かり易くお伝えするのも、当然事務所の仕事であると認識しております。

当事務所はお客様にお役立ていただけるよう、お客様の事業の内容に合わせた形での分析資料をオリジナルで作成致します。
会計ソフトからただ出力される資料ではどれが重要であるかが分かりづらく、結局あまり見ないという状況になりがちだからです。

▲ページのトップに戻る

月次アドバイス

月に一度はじっくり考えませんか?

ITが進歩した今日では、メールによるアドバイスを推進している会計事務所もあり、正直どうなのかな?と疑問に感じております。
確かにコスト削減の必要や、見れば分かるということなのかもしれませんが、月に一度は前月までの結果を踏まえて、じっくり会社の問題点や目指すべき方向性など時間を取って考えることか必要なのではないでしょうか?社長だけでなく経営幹部も一緒に考えるという場もあっていいと思います。

そのような場で、ぜひ当会計事務所をご活用下さい。
経営会議の司会進行役や数値部分の補足説明や重点課題のあぶり出しなど、いろいろと活用できる余地があると考えております。

▲ページのトップに戻る

経営計画の作成支援(目標の明確化に向けて) 〜経営計画作成

最低でも将来3年間の計画は立てるべきと考えます。

お客様の会社にお伺いしていて、社長以外の方(経営幹部や社員)からよく聞く話があります。

「社長の考えていること(目指しているもの)が分からない」

ただ、社長から言わせると「伝えているはずだ」という言葉が返ってきたり、「みんなは理解してくれているはずだ」とおっしゃったり。

社長は会議などの場で口頭ではお話しされているのかもしれません。
ただ言葉というのは受け取る側では、いろいろな先入観を持って聞いていたり、自分に都合のいい部分しか聞いていなかったりで、フィルターやバイアスがかかってしまうものなのです。

そこで社長の考える目標や方向性を共有するために、具体的な数字やグラフや図形を用いて経営計画を作成する必要性があると思うのです。

そこには明確でシンプルな言葉での将来の目指すべき目標が書かれており、それを達成する為に必要な売上・コスト・人員・資金そして各人がすべき事が表されているべきと考えます。
逆に言えば、そこまでしないと全社員が同じ方向を目指すことは不可能なのではないでしょうか?

社長は孤独だと世間では云われますが、そうなる状況を作ってしまっているのも全社の目指す目標が不明確だからこそなのではないかと、そんな気がしてなりません。

出来るだけ多くの社員を巻き込むことで会社は強くなります。
その指標として経営計画の作成を支援致します。是非ご検討下さい。

▲ページのトップに戻る